腸内環境サプリ選びのポイント

 

腸内の善玉菌の増殖を助け、悪玉菌を減らすことで善玉菌が腸内で優位に活動する理想的な腸内環境をつくる乳酸菌サプリメントが多数販売されていますが、良質な製品を選ばないと十分な効果が得られないので、一つひとつの商品をよく吟味してよりよいものを選びましょう。

 

腸内環境を整える乳酸菌サプリメントの選び方で最も大切なポイントは、乳酸菌が生きたまま大腸まで届くかということです。
腸内環境を整えるためには、胃液や膵液に含まれる消化酵素で死滅せずに大腸まで生きたまま届ける必要があります。
一般的な乳酸菌は消化酵素に弱いので、生きたまま大腸に届けるには製品に工夫を施さなければなりません。
実際には、消化酵素に負けないくらい生命力が強い乳酸菌を厳選して配合したり、カプセルのようなもので乳酸菌を保護したりするなどの工夫を製品に施しているわけですが、商品を選ぶときにはどんな工夫がされているかをよくチェックしてみることが大切です。

 

ただし、最近は殺菌処理を施した乳酸菌(死菌)を大腸に届けることで腸内環境を整える乳酸菌サプリメントもあります。
生きたまま大腸に届く乳酸菌の場合は大腸で一定期間活動することで、腸内を悪玉菌が住みにくい環境をつくります。
これに対し、死菌は消化されずに大腸に届くと元々腸内にいる善玉菌のエサとなってその活動を助け、腸内の悪玉菌を減らす働きが期待できるので、死菌であっても大腸に届けることで腸内環境を整えることが可能というわけです。
生きた乳酸菌は整腸効果が高いものの、高齢者など腸が弱っているときには刺激が強すぎる場合もあるので、こうしたときには死菌の製品を選ぶのもひとつの選択肢といえるでしょう。